==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


各地の温泉/人気観光スポット /  パスポート関係 /  国内旅行 /  海外旅行と携帯電話 /  海外旅行 /  ネットで宿探しから予約 /  HIS ツアー /  海外ロングステイ / 
観光名所 /  Yahooトラベル活用法 /  旅先のグルメ /  一人旅行 /  子連れ旅行の知識 /  お土産 /  旅行の基礎知識 / 
旅行に持っていくお金の知識 /  日本の南国・沖縄旅行 /  飛行機・航空券関連 /  海外旅行で気になる事 /  日帰り旅行 /  京都旅行・歴史の旅 /  世界遺産の旅 / 
旅行で知っておきたい知識 /  温泉 /  新婚旅行 /  ペットと旅行 /  子供と楽しむ旅行 /  ナビゲーションシステム /  話題 / 

阪急旅行




◆今回の旅行案内の知識は『 阪急旅行 』を紹介します。◆

阪急旅行

阪急旅行と聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか?阪急交通社のトラビクスというツアー旅行があります。

これは手軽で他社に比べて旅費が安いという特徴が売りです。

一方、JTBでは阪急旅行のトラビクスと同じように旅物語という旅行会社があるのですがどちらのツアーにも参加した人の話を聞くとJTBの方がよかったという意見が多いのも事実です。

一般的にJTBは旅行費用は安いとは言えないが添乗員や窓口やその他の社員の応対が丁重で、旅行の申し込みから出発する空港、旅行先から帰国まで常に気を配って客に不愉快な思いをさせない努力をしているというイメージがあり、どちらかと言うと旅行初心者向け?と言うこともできるでしょう。

阪急旅行はJTBよりも旅費は安く済むが、旅行スケジュールが忙しく駆け足的な旅行になってしまい、JTBと比較した場合、旅行満足度に物足りなさを感じる人もいるようです。

それと、ホテルは「えっ?!」と驚くような部屋が用意されてる場合もあるようなので、事前にホテル名を確認してJTBや日本旅行、その他の旅行会社パンフ裏に記載されてるホテルランクを確認してみる必要があるようです。

結局のところ、とにかく色々な所を見て回りたい、海外旅行を経験してみたいという人なら阪急旅行を、ゆとりある海外旅行を楽しみたい、記念旅行をしたいならJTBを選ぶということでしょうか。

旅行業界にいる人などの意見としては、まず価格の手ごろさやツアーの種類や数量については阪急に軍配が上がるかなという意見が多いようです。

しかし旅行内容は価格に比例すると言っても過言ではありません。

ホテルのグレード(阪急でAでもJTBではBだったり)、追加出費が少ない(入場拝観料・チップ込)、添乗員の質ではやはりJTBを選ぶ人が大半です。

そしてツアーの快適さですが、阪急旅行は往々にしてハードな感じを受けます。

理由として次の3項目にまとめました。

1、
ツアー催行人数ですが、JTBは30人未満に対して阪急は40人程度が多いようです。

これはツアー参加者の集合出発時間不遵守やトラブルによる遅延が多くなる可能性が高くなります。

また、ホテルやエアーチェックインに時間をとられたり、バスや食事の座席に余裕がなくなります。

2、
日程ですが、これは阪急特有なのですが、強行日程といえると思います。

これが売りなのかもしれませんが、少しハードだと感じます。

3、
参加者の質です。

やはり高いツアーに参加する人は一緒にいても気分を害する事無く旅行ができることが多いようです。

最後はなんといっても旅行に行く本人がどのような旅行内容を求めているのかということです。

せっかく旅行に行くのですからコースも自分で吟味する必要があるのではないでしょうか。

阪急交通社も業界では5位に入るくらいの大きな会社です。

ボンド保証会員でもあり、信頼はできます。

個人的に好き嫌いはあっても問題はないというのが一般的な意見ではないでしょうか。




posted by トラベルトラブル at 23:06 | 国内旅行

沖縄 ホテルより民宿がお得




◆今回の旅行案内の知識は『 沖縄 ホテルより民宿がお得 』を紹介します。◆

沖縄 民宿がお得

沖縄の民宿に宿泊してみませんか?

「沖縄に観光旅行に行きたいけれど、旅行代金がかさんでしまうから・・・」という方が多いのではないでしょうか?

とは言っても、ここ最近航空券はバースデイ割引や早目の予約でかなりお安くなりますね。

問題は、ホテル代です。

沖縄のホテルを予約すると、予算がオーバーしてしまう・・・という方は、是非、沖縄の民宿を利用してみて下さい。

民宿をお勧めする理由は、何と言っても料金の安さです。

沖縄本島でも那覇周辺なら、素泊りなら1泊1000円前後、ドミトリー(相部屋)は1泊1,500円くらい、個室1泊1人で3,500円、2人で5,000円というような感じが相場のようです。

1週間で9000円、1ヶ月で30000円という料金プランを設けている民宿もありますよ。

離島の、 慶良間諸島や宮古島、石垣島、西表島、竹富島・黒島、小浜島・波照間島、与那国島等の民宿や沖縄本島北部の民宿になると、すこし宿泊料金がお高くなって素泊り2000〜3000円、ドミトリー(相部屋)は1泊3000円くらい、個室1泊1人で5000円、が相場のようです。

小浜島は、NHKドラマ「ちゅらさん」のロケ地になったことで有名で、ロケ地を見る目的で訪れる人が多いです。

島の集落には、民宿「こはぐら荘」の看板のある古波蔵家があります。

また、小浜島の民宿「みやら」は、元ダ・パンプの忍くんの実家として有名です。

船を操る主人の宮良さんはそのDA PUMPにいたSHINOBUくんのおじいさんらしく、ファンもたくさんやってきています。

それから、八重山諸島の与那国島がフジテレビドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地となったことで与那国島は観光客がかなり増えています。

自然の美しさに加えて上記のような理由から、離島の民宿はちょっとお高いのかもしれませんね。



posted by トラベルトラブル at 16:11 | 国内旅行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。