==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


各地の温泉/人気観光スポット /  パスポート関係 /  国内旅行 /  海外旅行と携帯電話 /  海外旅行 /  ネットで宿探しから予約 /  HIS ツアー /  海外ロングステイ / 
観光名所 /  Yahooトラベル活用法 /  旅先のグルメ /  一人旅行 /  子連れ旅行の知識 /  お土産 /  旅行の基礎知識 / 
旅行に持っていくお金の知識 /  日本の南国・沖縄旅行 /  飛行機・航空券関連 /  海外旅行で気になる事 /  日帰り旅行 /  京都旅行・歴史の旅 /  世界遺産の旅 / 
旅行で知っておきたい知識 /  温泉 /  新婚旅行 /  ペットと旅行 /  子供と楽しむ旅行 /  ナビゲーションシステム /  話題 / 

ZED




◆今回の旅行案内の知識は『 ZED 』を紹介します。◆

ZED

ZEDを知らない人のために、10月1日に東京ディズニーリゾート内にグランドオープンする、シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京のZED専用劇場オリジナル演目のタイトルがZED(ゼッド)です。
上映時間は、約135分(途中休憩30分を含む)2,170席を誇るZED専用シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京。
客席は半円形の舞台を取り囲むように擂り鉢状に配置されており、最後列でもステージとの距離を感じさせ無いということらしい。
全席ステージをあますことなく見渡せ、躍動感あふれるショーと細部にまで装飾された劇場の全体を楽しめるレギュラービュー、ステージ間直で高い臨場感を味わえるプレミアビューとフロントビューが用意されている。
何度見ても飽きない工夫により席ごとに新しい感動が楽しめそうだ「シルク・ドゥ・ソレイユ」は、壮大な舞台の中で、ダイナミックなアクロバットなどが展開されるパフォーマンスでゆうめいですね。
ルネッサンス期をイメージした真鍮と銅でできた地球儀の内部をイメージした舞台で、主人公のZEDが天と地が全く異なる二つの世界を旅するストーリ。
女神やスフィンクス、愚か者などタロットカードのキャラクターのような人々と出会い、やがて二つの世界が結ばれていく、というストーリーです。
詳細なストーリーについてだがまだ、見ていないのでお伝えすることは出来ないのが残念だが、オフィシャルフライヤーによるとこのようなストーリー紹介となっていた。
以下ZEDオフィシャルサイトより、「彼の名は、Zed(ゼッド)。この主人公が旅するのは、天と地のまったく異なる2つの世界。
旅の途中、彼は大いなる女神、愚かな者たち、スフィンクス、サテュロスといった、色々な登場人物に出会います。
彼が出会った世界とそこに息づく生命たちは、どれもバイタリティに満ち溢れ、Zed(ゼッド)に様々なインスピレーションを与えていきます。
これらの経験を通して彼自身が成長すると同時に、彼を通して天と地という異なる2つの世界がひとつに結ばれようとします。――ショーを見る人すべてが、Zed(ゼッド)の旅を通じて人生の本質に触れることができるでしょう。」


posted by トラベルトラブル at 12:40 | 話題

海外旅行のニーズ 多様化




◆今回の旅行案内の知識は『 海外旅行のニーズ 多様化 』を紹介します。◆

海外旅行のニーズ 多様化


リピート旅行者の増加により旅行のニーズ多様化しており異色のツアーが増加のきざしである。

リピート旅行者はありふれた目的地では満足できなくなっており、旅行各社は2度目、3度目の旅行者に選んでもらうために新鮮味のあるツアーを提供する必要があると言う。

来年度以降、団塊世代が大量退職時代を迎えるが、海外旅行を何度か経験している人も多いと見られ、ありきたりのパック旅行ではないツアーは団塊市場の獲得にもつながると旅行会社は見ている。

旅行各社の動きを見てみると、阪急交通社は南アフリカへのツアーを拡充し「南アフリカとビクトリアの滝・チョベ国立公園を巡る8日間」を新たに投入。

日本旅行も南アの喜望峰からビクトリアの滝などを周遊する商品を販売する。

南アは4年後のサッカー・ワールドカップ開催国であり今後着実に需要は高まると見ている。

近畿日本ツーリストは、南米のペルー・インカ帝国、メキシコ・マヤ文明などをターゲットにしたツアー「南米探訪」を開発、世界遺産などを巡るコースでアピールしている。

JTBグランドツアー&サービスは、北西アフリカ・チュニジアからサハラ砂漠を巡るツアーなどを今下期に実施、サハラ砂漠の中のテント式ホテルに宿泊したり、地元住民と交流したりできるのが特色。

9月23〜24日に一般公開された旅行イベント「JATA世界旅行博2006」(東京ビッグサイト)でも目玉企画としてハンガリーやチェコ、スロヴァキアなどの「中欧コーナー」を開設、新鮮さを追い風に注目を集めるなど、一般化したツアーから目先を変えた商品展開が新たな顧客取り込みにつながっている模様である。



posted by トラベルトラブル at 11:55 | 話題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。