==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


各地の温泉/人気観光スポット /  パスポート関係 /  国内旅行 /  海外旅行と携帯電話 /  海外旅行 /  ネットで宿探しから予約 /  HIS ツアー /  海外ロングステイ / 
観光名所 /  Yahooトラベル活用法 /  旅先のグルメ /  一人旅行 /  子連れ旅行の知識 /  お土産 /  旅行の基礎知識 / 
旅行に持っていくお金の知識 /  日本の南国・沖縄旅行 /  飛行機・航空券関連 /  海外旅行で気になる事 /  日帰り旅行 /  京都旅行・歴史の旅 /  世界遺産の旅 / 
旅行で知っておきたい知識 /  温泉 /  新婚旅行 /  ペットと旅行 /  子供と楽しむ旅行 /  ナビゲーションシステム /  話題 / 

個人旅行のお勧め




◆今回の旅行案内の知識は『 個人旅行のお勧め 』を紹介します。◆

女の一人旅 個人旅行のすすめ

たとえ一人旅でも、ツアーか個人旅行かという選択があります。

私はできれば個人旅行をおすすめします。

同じ場所を旅行したとしても、感じるもの残るものが違うからです。

ツアーは受動的で誰かに連れて行ってもらいますし、さらにスケジュールも決められています。

ここもう少し見たいと思っても時間になれば移動ですし、逆に自分が全く興味がなくても逃れられません。

見方によれば、何も考えなくてよいのですからラクチンです。

食事も決められた場所に連れて行ってくれますから、苦労がありません。

これに反し、個人旅行は能動的です。

すべて自分の責任で行動しなければなりません。

誰も助けてくれません。

でも、自分で考え決定し、好きなように行動できる楽しさがあります。

達成感や楽しさは個人旅行の方が桁違いに大きいといえます。

また、一人でウロウロしますので、道を聞いたり、タクシーに乗ったりと地元の人や他の国の人と触れ合う機会がたくさんあります。

ツアーでは得られない人との出会いは、多分旅の中で最もうれしい収穫といえるでしょう。

ツアーは「見ること」はできても、「感じること」はできないかもしれません。

苦労がある分、何かを自分で感じられる旅、それが一人旅であり、さらに個人旅行だと思います。

一人旅なんて寂しくて、と感じる人はやはりツアーの方がいいかもしれませんね。

でも、アジアなどの近場で短い旅行から一人旅をはじめてはいかがでしょうか。

あなたも一人旅の魅力に取り付かれるかもしれません。



posted by トラベルトラブル at 16:04 | 一人旅行

チュニジアの一人旅




◆今回の旅行案内の知識は『 チュニジアの一人旅 』を紹介します。◆

女の一人旅 チュニジア

イスラム圏を女性一人で旅をする場合にどんなことに気をつければいいのか、あるいはどんな経験を覚悟しなければいけないのかを中心に書いてみます。

チュニジアはイスラム教が国教で、国民はほぼイスラム教徒です。

観光客の女性はお酒とか服装を大目に見てもらえるのかもしれませんが、あまり外では飲まず、とっぴな格好もしない方がよさそうです。

服装はチュニスでは皆さん西洋的な格好で、女性もヨーロッパ的ですが、東洋人はただでさえ目立つので、おとなしめの格好をしてる方が無難だと思います。

また、ぼそぼそと小声で何かでつぶやきながら後をつけられたり、電車でぶつぶつつぶやかれたりして、後をつけられることが多くあるそうですが、犯罪と結びつくような身の危険を感じることはなさそうです。

日本ではあまり物事をはっきりと言わない習慣が身についていますが、海外に出るとこの辺の感覚を少し変える必要があります。

頼りになるのは自分だけなのですから、あいまいな表情やニュアンスではなく、はっきりNOという意思表示をしましょう。

旅行前には外務省の海外安全情報などで、どのような犯罪が発生しているのかについては調べておくことも忘れずに。

イスラムの国では、女性が自由に、しかも一人で旅行するということは、考えにくいことです。

それでもチュニジアは美しいリゾートがあるなど、ヨーロッパの観光客については慣れているはずです。

ただ東洋人の女性の一人旅となると、やはりある程度好奇の目で見られることは覚悟しておいたほうがよさそうです。


posted by トラベルトラブル at 16:02 | 一人旅行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。