==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


各地の温泉/人気観光スポット /  パスポート関係 /  国内旅行 /  海外旅行と携帯電話 /  海外旅行 /  ネットで宿探しから予約 /  HIS ツアー /  海外ロングステイ / 
観光名所 /  Yahooトラベル活用法 /  旅先のグルメ /  一人旅行 /  子連れ旅行の知識 /  お土産 /  旅行の基礎知識 / 
旅行に持っていくお金の知識 /  日本の南国・沖縄旅行 /  飛行機・航空券関連 /  海外旅行で気になる事 /  日帰り旅行 /  京都旅行・歴史の旅 /  世界遺産の旅 / 
旅行で知っておきたい知識 /  温泉 /  新婚旅行 /  ペットと旅行 /  子供と楽しむ旅行 /  ナビゲーションシステム /  話題 / 

食器関係 最低限必要な物リスト




◆今回の旅行案内の知識は『 食器関係 最低限必要な物リスト 』を紹介します。◆

食器関係 最低限必要な物リスト

「こぼれないタイプのトレーニングカップ」ふたつきやストロー付きのコップは重宝します。

「大判のガーゼのハンカチ」三角にすれば、よだれかけになるし、食事の時のエプロン(スタイ)にもなるし、一番よいのは薄いのですぐに乾くということです。

タオルも水分を同じように吸い取りますが、乾きやすさはガーゼが一番です。

「離乳食用スプーン(使いなれたもの)」これも、普段と違う環境に使い慣れたものという心配りと、お店によっては子ども用のスプーンなどがない場合に「マイスプーン」は重宝しますよ。

「着替え(洋服・下着)」行き先にコインランドリーがあれば、最低限の枚数プラス2枚くらいで十分だと思います。

子どもは汗っかきだし、汚いしんぼなので、そのあたりを考えて枚数を決めてくださいね。

旅館などでコインランドリーがなくても、部屋で子どものものくらいなら、干すこともできますので、洗濯ロープと洗剤など持っていける余裕があれば、オススメします。

旅館やホテルなどの部屋はどの季節でも乾燥がちなので、適度な湿度を保つためにも洗濯ものを干すことは一石二鳥になりますよ。

そして、子どもは大人以上にデリケートなので、休憩も頻繁にとりながら、お気に入りのおもちゃも一緒に乗り物で退屈しないような工夫も必要かと思います。

車ならば、夏は熱中症に気をつけて、十分な水分の補給を。

そして、サービスエリアなど1、2時間に一度くらい、休憩をして、空気の入れ替えなど気をつけましょう。

また電車ならば、公共のマナーに心がけて楽しい旅行にしたいですね。



posted by トラベルトラブル at 23:04 | 子連れ旅行の知識

ベビーフード 子連れ旅行に最低限必要な物リスト




◆今回の旅行案内の知識は『 ベビーフード 子連れ旅行に最低限必要な物リスト 』を紹介します。◆

ベビーフード 子連れ旅行に最低限必要な物リスト

「ベビーフード」最近はいろんなタイプのベビーフードが出ています。

「瓶詰めタイプ」「レトルトタイプ」「フリーズドライタイプ」などなど。

「瓶詰めタイプ」は重いし、容器が割れる危険もあるので、できれば避けましょう。

レトルトはお湯をもらって浸せば、食べられるし、フリーズドライタイプはお湯さえあれば、スグに食べられるのでオススメです。

旅行の少し前から試しに食べさせてみて、気に入ったものを選びましょう。

旅行は特別なことではありますが、だからこそ、日常品などは「いつもの」ものを使うように心がけましょう。

「水筒(魔法瓶タイプ)」とお水・・魔法瓶には熱湯をそして、お水はペットボトルでもよいかと思います。

熱湯はミルクや離乳食を作るのに必要ですし、お水は子どもの水分補給には必需品です。

熱湯と水があれば、温度調整をしてお湯も作れます。

旅先でも、魔法瓶があれば、熱湯を用意してもらえますので便利ですよ。

「使い捨てタイプ哺乳瓶」ミルクの赤ちゃん連れの旅行には哺乳瓶が欠かせませんが、かさばるし、毎回消毒は大変なので「使い捨てタイプ哺乳瓶」がオススメです。

パックに前もって分量の粉ミルクをセットしておけば、あとはお湯を注ぐだけですから、手間が省けます。

消毒するのは「哺乳瓶の乳首」だけなので大助かりだと思います。

さて、「哺乳瓶の乳首」の消毒には「煮沸消毒パック」が必要です。

旅行にはビニール袋タイプのもが良いです。

1袋で数十回使えます。

使い方は少量の水を入れて電子レンジを使います.





posted by トラベルトラブル at 22:58 | 子連れ旅行の知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。