==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


各地の温泉/人気観光スポット /  パスポート関係 /  国内旅行 /  海外旅行と携帯電話 /  海外旅行 /  ネットで宿探しから予約 /  HIS ツアー /  海外ロングステイ / 
観光名所 /  Yahooトラベル活用法 /  旅先のグルメ /  一人旅行 /  子連れ旅行の知識 /  お土産 /  旅行の基礎知識 / 
旅行に持っていくお金の知識 /  日本の南国・沖縄旅行 /  飛行機・航空券関連 /  海外旅行で気になる事 /  日帰り旅行 /  京都旅行・歴史の旅 /  世界遺産の旅 / 
旅行で知っておきたい知識 /  温泉 /  新婚旅行 /  ペットと旅行 /  子供と楽しむ旅行 /  ナビゲーションシステム /  話題 / 

体力の過信が招く中高年の災難




◆今回の旅行案内の知識は『 体力の過信が招く中高年の災難 』を紹介します。◆

体力の過信が招く中高年の災難

2007年から団塊世代の定年退職がスタートします。

定年と言ってもまだまだ元気な60歳。

いままで忙し働き続けた団塊世代の人たちにとって海外旅行や海外ロングステイは是非とも実現したい夢のひとつとなっています。

ただ、いくらまだ元気と言っても、若い世代と同じ体力ではありません。

ここのところをきちんと理解していないで海外にいき、無理をしてしまって悲劇を生むケースが増えています。

海外旅行中は、気持ちも昂ぶり、多少疲労を感じてもまだ大丈夫と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、日本では体力自慢の方でも海外では、食べ物や文化の違いなどから知らず知らずの間に身体にストレスが溜まりがちとなってしまい、その上、無理な旅行日程を強行しようとすると、身体に大きな負担が掛かり、思わぬ大きな事態を引き起こしてしまうこともあります。

特に、中高年者の方は、可能な限りゆったりとした日程のツアーを選択する、あるいは、休息日を入れた余裕ある日程を立てるとともに、身体の不調を感じたら予定していた観光を諦めてでもホテルで身体を休め、大事を取ることが大切です。

また、体調が万全ではないときには、食事にも気をつかい、過度のアルコール摂取は控えることも必要です。

せっかくあこがれの海外に来たのだから、何もかも見たい、あれもこれも体験したいという気持ちはわかりますが、そのために命を落とすような危険を冒すのはばかげています。

旅なれていない人ほどてんこもりの日程のツアーなどを選んでしまうのもこうした心情を反映しているのかもしれません。

そもそも日本人の旅行は短い期間にスケジュールぎっしりというのがいままでのパターン。

でもそうした旅行では忙しすぎて何を見てきたのかも思い出せず、ただ疲れたという印象しか残っていないという経験はありませんか?忙しく働き、高度経済成長を支えてきた団塊世代だからこそ、ここはゆっくりご自分を褒めてあげる旅にしたいものです。

何もしない旅こそ最高のぜいたくなのですから。




posted by トラベルトラブル at 02:19 | 海外旅行で気になる事

海外安全情報




◆今回の旅行案内の知識は『 海外安全情報 』を紹介します。◆

海外安全情報

海外安全情報をご存知ですか?これは外務省が各国の最新安全(危険)情報を網羅して伝えているものです。

外務省のホームページで確認することができます。

いったいどんな情報が掲載されているのでしょうか。

まず、各国で起こっているテロ活動とそれに対応する政府の動向、鳥インフルエンザなどの感染症情報、災害情報など各国政府が発出する情報や広域的な危険情報があります。

この他に、世界のあらゆる地域で日本人旅行者が遭遇した盗難などの犯罪の状況が具体例に掲載されています。

こうした犯罪情報は現地の日本大使館や領事館に届けられたものを集約しています。

例えばペルー共和国については次のように記載されています。


犯罪発生状況防犯対策

(1)一般犯罪多発地域は次の通りです。
 リマ市内ではリマ中心街、サン・ミゲル区からサンチャゴ・デ・スルコ区にかけて(サン・ミゲル、プエブロ・リブレ、マグダレナ、ヘスス・マリア、リンセ、サン・イシドロ、ミラフローレス、スルキジョ、サン・ボルハ、サンチャゴ・デ・スルコの各区)、その他貧困地区

(2)一般犯罪の傾向として、特にリマ市内においては、強盗・窃盗などの財産犯が増加し、手口も凶悪化の傾向にあります。
スリ、ひったくり、首絞め強盗、置き引き等のほか、いわゆる短時間誘拐事件(金銭目的の短時間の身柄拘束)も増えていますので、観光地、店舗、ホテル、銀行等で貴重品を所持している時は、特に注意が必要です。

なお、大使館に届けられた被害の主な手口は以下のとおりです。

この後には具体的な犯罪手口についてかなり詳細な情報が掲載されています。

単独での行動が最も犯罪の標的になり易いので、個人で旅行する場合は必ず海外安全情報を確認してから渡航することをお勧めします。

また、海外安全情報ではその国、地域で指定されている伝染病や、高山病などの情報も掲載されていますので、病気から犯罪にいたる必要な情報はここで確認できるでしょう。

緊急時の連絡先として在外大使館、領事館の連絡先も掲載されています。

ホームページでの確認のほか、パンフレットとしてPDFファイルが用意されていますので、ダウンロードをして持ち歩くようにしましょう。

また企業派遣などで海外赴任する場合に役立つテロ対策などのビデオの販売も行っています。

詳しくは外務省海外安全相談センターへ問い合わせましょう。




posted by トラベルトラブル at 14:34 | 海外旅行で気になる事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。