==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


各地の温泉/人気観光スポット /  パスポート関係 /  国内旅行 /  海外旅行と携帯電話 /  海外旅行 /  ネットで宿探しから予約 /  HIS ツアー /  海外ロングステイ / 
観光名所 /  Yahooトラベル活用法 /  旅先のグルメ /  一人旅行 /  子連れ旅行の知識 /  お土産 /  旅行の基礎知識 / 
旅行に持っていくお金の知識 /  日本の南国・沖縄旅行 /  飛行機・航空券関連 /  海外旅行で気になる事 /  日帰り旅行 /  京都旅行・歴史の旅 /  世界遺産の旅 / 
旅行で知っておきたい知識 /  温泉 /  新婚旅行 /  ペットと旅行 /  子供と楽しむ旅行 /  ナビゲーションシステム /  話題 / 

京都・嵐山花灯路




◆今回の旅行案内の知識は『 京都・嵐山花灯路 』を紹介します。◆

京都・嵐山花灯路

京都・嵐山花灯路とは初冬の嵯峨・嵐山一体の散策路を花灯路のやさしい灯りで照らすイベントのことです。

渡月橋周辺一帯 渡月橋と山すそ、水辺など周辺一帯をライトアップし、雄大で美しい夜の自然景観を演出します。

嵯峨・嵐山地域の自然や水辺空間、竹林や歴史的文化遺産、景観などを生かした灯りと花の路、嵯峨・嵐山地域を露地行灯の「灯り」といけばな作品の「花」で演出します。

また、ロマン溢れる名勝地の宵を楽しみ、延長約5キロ続く日本の情緒豊かな「灯り」と「花」でつなぐ嵯峨・嵐山一帯の散策路をそぞろ歩きます。

山に川に竹林に、そして歴史的文化財などにも恵まれ、思わず歩きたくなります。

期間中、渡月橋周辺一帯や、野宮神社から大河内山荘に至る竹林の小径のほか、周辺寺院・神社・文化施設がライトアップされ、特別拝観・開館が行われます。

また、会場エリア内数カ所にてミニコンサートやストリートパフォーマンスなどが行われる「嵐山音楽回廊」や、京都いけばな協会の協力により、各流派家元等の大型花器による作品が灯りと花の路を彩る「いけばなプロムナード」など、多彩なイベントも行われます。

協賛事業として、国内外で高く評価されているデジタルアーティスト長谷川章氏の演出、京福電鉄のプロデュースによるデジタル映像D-K(光のアート・デジタル掛け軸)が法輪寺境内・多宝塔、嵐電・嵐山駅で映し出されたり、中の島公園では京都酒造組合による京の酒・冬の新酒 きき酒会が催され、地元の小学生・中学生が大型行灯や行灯型提灯を製作し展示した「灯り・嵐山美術展」もあります。

大覚寺では十二単などの時代装束を身にまとう優雅な王朝絵巻の体験や、美しい白砂に映える石舞台での荘厳な雅楽の演奏が行われたり、専修学校京都伝統工芸大学校出身の若手職人による、伝統工芸品の製作・実演が行われたりします。

大覚寺鳳凰の間では竹やツタ、古木、和紙など自然素材を使用して製作された柔らかい肌合いの手づくり行灯作品が展示されたりもします。



posted by トラベルトラブル at 02:09 | 京都旅行・歴史の旅

新緑を歩くコース




◆今回の旅行案内の知識は『 新緑を歩くコース 』を紹介します。◆

新緑を歩くコース

@―高雄の青もみじを楽しむ栂尾(高山寺)・高雄(神護寺)・槙尾(西明寺)は、屈指の紅葉の名所として知られています。

秋は波で賑わいますが、意外とおすすめしたいが新緑の季節の青いもみじなんです。

人も少なく、大自然の生命力に満ちた世界が広がっています。

空気が街中のものとは違うのが分かります。

順番としては、高雄(神護寺)→槙尾(西明寺)→栂尾(高山寺)と廻るのがおすすめです。

山道や長い石段を歩くので、歩きやすい靴で向かいましょう。

高雄山・神護寺は真言宗の古刹で、809年(大同4)から14年間空海(弘法大師)が住持し、その後、平安末期、文覚上人が再興したものです。

国宝の薬師如来像をはじめ平安、鎌倉時代の仏像、絵画、書跡などが多く残り、梵鐘(国宝)は、日本三名鐘の一つに数えられています。

和気清麻呂のお墓もあります。

長岡京からこの地に新しい都を移す事を桓武天皇に進言し、以来、平安京は千年も続く都となったのです。

起伏の激しい境内を進み、茶店「硯石亭」で休憩をとります。

名物「もみじ餅」を迷わず注文しましょう。

茶店で喉を潤した後に、厄払いのかわらけ投げに挑戦しませんか?
素焼きの小皿の様なかわらけを、錦雲峡に向かって投げても遠くへ飛ばなかったのに、茶店のおばちゃんが教えてくれた通り、親指と人差し指で平行に投げると、きれい曲線を描いてはるか遠くの谷底に消えていきますよ。

湧き水なのでしょうか?

木々に囲まれた中で聞こえる水音は心地よいものです。

春は新緑、秋は紅葉の景色を満喫できる茶店です。

空気に包まれた広い座敷でくつろぎ、もみじのパノラマが堪能できます。

高雄観光ホテルの川床も是非、楽しんでください。

清流が流れ、せせらぎが聞こえる中でのお食事は、清涼感たっぷりですよ。

水音にうたた寝しそうになります。

この後は、槇尾山・西明寺へ。

天長年間(824〜834)空海の弟子智泉が開創し、平等心王院ともいいます。

ここのつつじは普段よく見る濃い色のつつじと違って、やわらかなピンク色をしています。

竹林ともみじの緑とのコントラストもきれいです。

指月橋は、紅葉と清流が美しい絶景ポイントです。

次は、世界遺産・鳥獣戯画の栂尾山・高山寺です!高山寺の茶畑には、栄西禅師が中国から持ち帰った茶種を明恵上人が植えたという日本最古の茶園の伝承があります。

山寺でしか味わえない、荘厳な空気と霊気が満ちています。

今の時期は本当に静かです。

新緑の高雄は中心街からバスで1時間足らずで、静かな山里の風情と自然が味わえる避暑地です。

こんな京都も楽しんでください。

http://www.e-kyoto.net/topics/04shinryoku/course.htm




posted by トラベルトラブル at 12:12 | 京都旅行・歴史の旅
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。