==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


各地の温泉/人気観光スポット /  パスポート関係 /  国内旅行 /  海外旅行と携帯電話 /  海外旅行 /  ネットで宿探しから予約 /  HIS ツアー /  海外ロングステイ / 
観光名所 /  Yahooトラベル活用法 /  旅先のグルメ /  一人旅行 /  子連れ旅行の知識 /  お土産 /  旅行の基礎知識 / 
旅行に持っていくお金の知識 /  日本の南国・沖縄旅行 /  飛行機・航空券関連 /  海外旅行で気になる事 /  日帰り旅行 /  京都旅行・歴史の旅 /  世界遺産の旅 / 
旅行で知っておきたい知識 /  温泉 /  新婚旅行 /  ペットと旅行 /  子供と楽しむ旅行 /  ナビゲーションシステム /  話題 / 

海外新婚旅行の注意




◆今回の旅行案内の知識は『 海外新婚旅行の注意 』を紹介します。◆

海外新婚旅行の注意

新婚旅行で海外へ行かれる場合は、まず、最初に旧姓のままでいくか、それとも新姓で行きたいのかをはっきりさせることがポイントになってきます。

これはパスポートの名義と航空券の名義が違っていると搭乗することができないからです。

かたちとして一番理想なのは、新姓でパスポートを取得し、航空券も新姓で予約することですが、現実的には、なにかと手続きがあり時間がかかります。

パスポート取得に必要な書類である、戸籍謄本を受け取るには、転入届、婚姻届を済ませる必要があり、自治体によって1〜2週間かかります。

婚姻届受理証明書というもので戸籍謄本の代用もできますが、これはあくまでパスポート取得時の代用であって、受取時には改めて、戸籍謄本が必要になります。

そして、次に控えているのが、航空券の予約です。

人気のある地域やピークシーズンですとなるだけ早めの予約が必要になってきます。

旧姓で予約し、後で新姓に変更するということも可能ですが、手数料をとられる場合があります。

ですので、新婚旅行はどうしても新姓でいきたい、という場合や、新婚旅行までに時間があるという人以外にはおすすめできません。

新婚旅行を旧姓のままで行かれる場合でも、ほぼ問題はありません。

ただ、航空会社によっては飛行機の座席をアルファベット順に割り振るといったところもあり、苗字が別々だと離されてしまうことがあります。

せっかくのハネムーンでこんなことになったら大変ですから、旅行会社に必ず座席は隣になるように、とオーダーしておくことです。

あと、絶対に気をつけておきたいことは、パスポートをなくさないことです。

これは新姓だろうが旧姓だろうが、重要なことですが、結婚しているのに旧姓のままのパスポートで旅行している場合は、特に重要です。

というのは、旅行中にパスポートを紛失して、再発行してもらうと、そのパスポートの名義は新姓になってしまうからです。

これにより、航空券の名義変更はもとより、海外旅行保険の申請などの手続きが大幅に増えることになります。


posted by トラベルトラブル at 14:54 | 新婚旅行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。