==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


各地の温泉/人気観光スポット /  パスポート関係 /  国内旅行 /  海外旅行と携帯電話 /  海外旅行 /  ネットで宿探しから予約 /  HIS ツアー /  海外ロングステイ / 
観光名所 /  Yahooトラベル活用法 /  旅先のグルメ /  一人旅行 /  子連れ旅行の知識 /  お土産 /  旅行の基礎知識 / 
旅行に持っていくお金の知識 /  日本の南国・沖縄旅行 /  飛行機・航空券関連 /  海外旅行で気になる事 /  日帰り旅行 /  京都旅行・歴史の旅 /  世界遺産の旅 / 
旅行で知っておきたい知識 /  温泉 /  新婚旅行 /  ペットと旅行 /  子供と楽しむ旅行 /  ナビゲーションシステム /  話題 / 

ペットの移動手段として定番なのは車




◆今回の旅行案内の知識は『 ペットの移動手段として定番なのは車 』を紹介します。◆

ペットの移動手段として定番なのは、やはり車です。

大型犬でも、制約なく一緒に移動できますし、雑多な人の中ではなく、プライベートな空間で移動することになるので、ペットにストレスがかかりにくいのが特長です。

とはいっても、当事者である犬にとっては、車による移動がかなりストレスがかかります。

その一番の筆頭は、車酔いです。

これは、もう人間と同じで、慣れさせるしか解決策はありません。

小さなうちから、車に慣れさせておきましょう。

最初から実用本位で犬を車で連れまわすのではなく、段階を踏んでいきます。

まずは、車での移動を好きになってもらうために、車に乗るたびにごほうびをあげましょう。

ご褒美の種類は、犬の好きな骨であったり、楽しい目的地であったり、という感じです。

これによって、車に乗りさえすれば、楽しいことがある、と犬に覚えさせます。

これができたなら、犬は車酔いはするにしても、抵抗感なく車に乗ってくれます。

車酔いの対策として、いろいろありますが、それらをやってもまだ、車酔いをするのであれば、もしかしたら、車の運転に問題があるのかもしれません。

加速減速時に、ガックンとなるような運転をしていると、人間でも酔いやすいです。

急な加速にならないためには、アクセルのみで一定の速度を保つようにするアクセルワークができると、なめらかに走行できます。

そして、停まる時、急な減速にならないためには、一気にブレーキペダルを踏まないのはもちろんのこと、踏んだ後、前に荷重が移り過ぎないよう、荷重が前にかかりはじめたと感じた時に、ブレーキを戻すようにするとスムーズに止まれます。



posted by トラベルトラブル at 14:32 | ペットと旅行

犬を連れて、遠方に旅する場合




◆今回の旅行案内の知識は『 犬を連れて、遠方に旅する場合 』を紹介します。◆

犬を連れて遠方に旅する場合

犬を連れて、遠方に旅する時の移動手段としては、車、電車、飛行機、船、といった乗り物を利用することになります。

一番ポピュラーなのは、なんといっても自動車ですが、大型でなく、小型犬の場合の時は、ゲージに入れて、電車移動というのも移動の手段に幅がでますし、いろんなところに出かけられるのでおすすめです。

犬を含むペットをつれて、電車に乗るときは、買主の運賃とは別に、ペットの運賃も手回り品として、必要になります。

運賃は、JRの場合、100キロ以内は一律270円です。

電車で移動できるペットの基準として、幅70センチ以内で、縦・横・高さの合計が90センチ程度のケースに入れたもの、重さが10キロ以内のもの、と定められています。

そして、一番大事なのが、犬のしつけです。

これができていないと、どこにも出かけられませんから、子犬のうちから、計画的にしつけをしていきましょう。

電車移動で特に重要なのは、むやみにほえないようにすることです。

そして、慣れない場所、におい、人に出会っても、おびえないよう、人やもの、場所に抵抗がないようにすることも必要です。

これが出来たなら、あとは、移動当日に、トラブルがないようにします。

狂犬病などの予防接種を済ませてあるのは、当然として、公共の場所ですから、臭い対策をしなければいけません。

シャンプーをして、清潔にしておきましょう。

そそうがあった場合に備えて、ゲージの中には新聞紙を敷いておきます。

そして、移動中に、おしっこをしないようにするには、食事や飲み物を控えさせたり、電車に乗る前に、いったん散歩などさせて、おしっこをさせておくのが有効です。

酔い止めとしては、換気をよくしてあげることや、カーロップなどの酔い止めグッズを利用するといいでしょう。


posted by トラベルトラブル at 14:31 | ペットと旅行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。