==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


各地の温泉/人気観光スポット /  パスポート関係 /  国内旅行 /  海外旅行と携帯電話 /  海外旅行 /  ネットで宿探しから予約 /  HIS ツアー /  海外ロングステイ / 
観光名所 /  Yahooトラベル活用法 /  旅先のグルメ /  一人旅行 /  子連れ旅行の知識 /  お土産 /  旅行の基礎知識 / 
旅行に持っていくお金の知識 /  日本の南国・沖縄旅行 /  飛行機・航空券関連 /  海外旅行で気になる事 /  日帰り旅行 /  京都旅行・歴史の旅 /  世界遺産の旅 / 
旅行で知っておきたい知識 /  温泉 /  新婚旅行 /  ペットと旅行 /  子供と楽しむ旅行 /  ナビゲーションシステム /  話題 / 

ロングステイ先の決定




◆今回の旅行案内の知識は『 ロングステイ先の決定 』を紹介します。◆

ロングステイ先の決定

さて、言葉の問題をクリアしたとしても、ロングステイ先へ行くのにかかる時間と費用の問題は意外に重要です。

ヨーロッパのように直行でも時間のかかる場所の場合、身体的な負担がかなり大きくなります。

移動が大好き、飛行機が大好きと言う方は別ですが、年齢が高くなるにつれ、移動時間が長すぎるとロングステイ自体への意欲が薄まってくることも考えられます。

現地で長期にわたって住居を借りた、または購入した、などという場合に、5年先、10年先、「移動自体が負担となり嫌になった」では、大きな無駄となってしまいます。

また渡航費は住居費とともに海外ロングステイにおける費用の大きな部分を占めます。

例えば

オフシーズンに利用することができ、運賃を安く上げることができる場所かどうか。

夏のバカンスシーズンが一番過ごしやすいため、トップシーズンの料金で移動するとなると運賃はバカになりません。

遠いか近いかだけで渡航先を判断することはありませんが、腰に持病がある方など、事前にどの程度の負担ですみそうかということを考えておくと安心です。

このほかにもロングステイ先の犯罪による危険度には充分な注意が必要です。

海外旅行情報などでも国別にさまざまな犯罪例が報告されていますが、その国(地域)特有の犯罪の特徴があるようです。

海外旅行よりも長くその地域に滞在するわけですから、その犯罪特性なども確認しておきましょう。

スリ、強盗はもとより、女性や子供による犯罪の増加している地域、あるいは誘拐や銃犯罪が多数報告されている地域などタイムリーな情報を確認しておく必要があります。

外務省海外安全ホームページではその国、地域ならではの犯罪の傾向。

特徴なども知ることができます。

これらもチェックした上でどこに行くのかを判断したいものです。


posted by トラベルトラブル at 14:18 | 海外ロングステイ

ロングステイ先の決定




◆今回の旅行案内の知識は『 ロングステイ先の決定 』を紹介します。◆

ロングステイ先の決定

単なるあこがれや読み知った情報だけでロングステイ先を決めてしまうのはちょっと危険です。

少なくともロングステイをする前に、一度旅行をして本当に自分たちに合う場所なのか、自分たちが求めているライフスタイルに合致する環境なのかどうか確認することが必要でしょう。

その地にあこがれる熱い思いは大切ですが、よっぽどその地に詳しい、あるいは以前その地で暮らしたことがある、知人がその地に住んでいるなどのことでもなければ、一度冷静に考えてみてもよさそうです。

比較対照することはさまざまにあるからです。

例えば

・政治(治安)・犯罪・気候・文化・経済・宗教・日本との行き来・言語など、国や地域による判断基準のほか、・現地で何がしたいのか・奥さん(旦那さん)との合意はできそうかなどの個人的な条件なども一通り確認しておくに越したことはありません。

特にこの中でも重要なのが、言葉が通じるかどうかです。

ロングステイ先で全く日本語しか話せないとなると不安があります。

ご夫婦であればどちらかが片言でもツーリストイングリッシュ程度はできる必要がありそうです。

お2人とも全く話せない場合はハワイなどがお奨めとなりそうです。

周囲の日本人や日本語のできるスタッフの力を借りて生活を送ることができると思われます。

万一病気や事故にあった場合、言葉の不自由さをいやというほど実感させられます。

救急車で運ばれ、気を失っているような場合は言葉のできるできないに関係なくなってしまいますが、多くの場合、医師に自分の症状や痛み、既往症などの説明をする必要がでてきます。

また医師の説明についても理解しなければ命に関わる状況もないとはいえません。

ツーリストイングリッシュしかできない場合も非常の場合の英語については多少まとめておくと安心です。

非英語圏の場合でも英語が通じるところは多くあります。

ロングステイ先で言葉の問題がどの程度ありそうか、事前に予想して渡航先を決めると安心です。



posted by トラベルトラブル at 14:16 | 海外ロングステイ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。